FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
■ メビウス リング クロスロード there is...
2024 / 11 / 08 ( Fri )

 はじめに彼に抱いた感情は「嫉妬」だった気がするのに、 その対象がすり替わったのはいつからだろうか……







見た目から想像に難くなく、子供の頃からインドア派だった。
他の子よりは多少、学校へ通える日も少なかったと意識できる程に休みがちだったが、
それでも、ベットの中でも本は読めたし、むしろそれくらいしか出来る事がなかったとも言う。
そういうわけで、両親とは早い死別だったが、
学校へ行けない間、常に傍には母がいてくれて、あたたかく、父もやさしかった。
短いながらも十二分に自分は両親に愛されていたのだと確信を持てたことを考えると
天の配剤というか、あまり体が丈夫でなかったのは、かえって良かったのかもしれない。

ただ、シーツをかぶり、まどろみながら、窓枠で仕切られた世界の中で
貪欲に書物を読み漁り、吸収した知識を知恵へと昇華させる場を、そらを見上げながら探していた。




・◆・◆・◆――――――――――――


はじめは、「母さんが褒めてくれる。」 ただ、それだけが嬉しくて、ぼくにも出来る事があるのだと、
錬金術を使うと、母さんが笑ってくれる。 ただそれだけが嬉しくて、ぼくにもしてあげられる事があるのだと。
ぼくにとって世界のありようなんて関係なかったんだ。

「一は全 全は一」「流れを受け入れろ」
灯されたランプを中心に弧を描くように広げた書物の中で、
兄さんと二人、疲れるまで錬金術や母さんの事を話しては、まどろんで、幸せな夢をみて
世界に背こうなんて気はこれっぽっちもなかったんだ。

知る事がこの上なく楽しかったのもまた事実ではあったけど。


やがて知る、世界の前で、どうしてぼくはその手をとってしまったのか……



・◆・◆・◆――――――――――――


ぶっちゃげ、ぼくは今走ってます。追加ランニング中です。
理由は薪割りで楽をしてたのが師匠にバレたからです。
「精神を鍛えるには体から」と言うのがぼくの師匠の持論ですが、
錬金術の修行をやり直しに来た身としては、錬金術を使っての薪割りは有りなんじゃないかと思ってたのが甘かったです。

どうも最近、自分の魂? 意識?を別の物に移してコントロールできる事が判明して
いろいろとやってみたいのに、師匠があまりいい顔をしないので、
こっそり、薪割り位なら、どこかに害が及ぶわけでもないしと、
小さな木製の人形を作って、やらせてみてたら、案の定、背後に仁王立ちの師匠がいました。



・◆・◆・◆――――――――――――


ランニングに出かけたアルを見送って、半ば八つ当たり気味に足元の丸太を蹴り上げて、手刀で割る。
「環境が人をつくり、 人が環境をつくる。………か…。」
割り振られた仕事で楽をしようなんて考えはエドの役どころであって、アルはそれを止める役まわりだった昔を思い出す。
元来の穏やかな気質は変らないものの、暴走する兄を抑える任から解放されたせいか、
言いつけに背いてみたりと、年頃の男の子らしい振る舞いを見せるようになった。
兄であるエドを鑑みるに、本来はアルもそういった素養も秘めていたと言うことだ。
それだけの事をしたのだから辛いのは当然だと、ものわりよく、あの、冷たい鎧の中へ、罪悪感とを押し込んでいた頃に比べれば状況は遥かにマシなのに、
やはり、兄への喪失感はぬぐいきれないのだろう、まるでソレを埋め合わせるかの如く錬金術に貪欲にのめり込む。
もともと、母親の錬成時に肉体の全てを明け渡す程に、世界にのめり込もうとした事を考えるならば、今のアルはあの時と同じ危うさを孕んでいる。

魂を別の物へと移す術――――――――

あれはその危険の最たるものではなかろうか。
言葉を覚えたての子供のように、アルがあの術を試したがってるのは解っている。
抑えこんで遠ざけるよりも、きちんと術としてコントロールできるよう指導すべきなのかもしれない。
錬金術師としての資質だけなら、私よりも、エドよりも、誰よりもアルは「全」に近づいた人物だ。
「一」の枠からの融解のカタチがあの術ならば、門での記憶のないアルの才能は軽く私達を凌駕するところまで来ているのだろう。

皮肉なものだ。
母を、兄を、子供という個を求めた者がすがった術(すべ)が、全に至る道と言うのはいささか矛盾している感をいなめない。

だが、あの子は真摯な金色の瞳で、まっすぐに私を見据えて私に言ったのだ。
「それでも、ぼくらは繋がっている」 と。

エドの夢を見るのだと言う。
自分の知る兄よりは、少し成長していると。
魂を翔ばして、見えているのなら、兄が生きている確信へと繋がるのだと。



私は今度こそ、あの子を正しく導けているのだろうか… 
そもそも、人体錬成という禁忌を犯した自分にそんな資格があるのかと。
そんな話を夫にしたら、
「おなじ過ちを侵した者だからこそ、必死で止めてやる事もできるんじゃないのか」
そう、言われた。


まだ、二人で修行していた頃に、私の罪をまざまざと見せつけていたら、兄弟を踏み止まらせる事ができただろうか
そう、考えてみたものの、所詮過ぎてしまった事だと頭をふって思考を切り替える。
たぶん、私に残された時間はそう長くない。
罪を犯した者として、このポジションで、私だけにしかできない事を残してやりたいと思う。






・◆・◆・◆――――――――――――


in ルーマニア 1922

「戦争が終わったのは万々歳なんだが、オーベルトさんも大学にもどっちまったし、ここも淋しくなるなぁ」
研究室と言う名のたまり場へ、一条の光が差し込んでくる。
積み上げられた本や図面を動かす度に舞った埃を露にする。
「こんな所に、窓、あったんですね」
本についた埃を払いながら箱へと詰める作業を繰り返していく内に、ようやく壁面の一角が姿を現したかと思えば、
窓ガラスの一枚が割れたのだろう、4面の内1枚を何か図式が書かれた紙で覆われた小窓が出てきたのである。
どうりで、さっきから渡される本のふちが日に焼けてると思った。
「とりあえず、その窓も開けません? 目に見えて空気悪いですよ ここ」
ヨゼフさんが建てつけの悪くなったハンドルをギシギシと音を立てて格闘していると、貼り付けていた紙がパラリと落ちる。
拾い上げて、透かしてみると風雨による伸び縮みで凸凹となった跡の他に何やら折りじわが入っている。
「思い出した! ここの窓、エドワードの奴が割ったんだよ。
紙飛行機とばしてて、先端にナットくっつけて、比重バランスの計算とか言って、ほとんどおふざけで。」
「それで、本を山積みにして隠してたと?」
「たぶん、そう」
「じゃあ、ここら一帯の本はエドワードさんのモノと」
「そうなるな」
「…………あの人、今日は来てくれるのかなぁ」
ヨゼフさんから手渡された紙をもう一度、折りじわに沿って紙飛行機へと形成しなおす。
だってね、気付いてしまったから、
紙の四方に本当に小さく書かれた模様に。 
二重の円に小さな三角形が三つとそれを囲むように大きな三角形が一つ。
願いが叶うおまじないなんだそうだ。
科学者を自負するエドワードさんがめずらしい事を言ったのが妙に印象に残っていた。


本当は、窓を突き破って飛ばす気だったんでしょう? エドワードさん。


ガチャリと景気のいい音がして、鮮烈な風が吹き込んでくる。

折り直した紙飛行機をもう一度風にのせるべく、窓際から大きく放り出す。
けれど、風雨にさらされて翼の曲がった紙がうまく飛べるはずもなく、ほどなくして撃沈した。
                                ――――――――――……やるんじゃなかった。



・◆・◆・◆――――――――――――


in ルーマニア 1922

引き続き、研究室の整理中。 
ミュンヘン大学に戻ったオーベルトさんの荷物を運び出した時も、随分、部屋が片付いた気がしてたけど、
意外に自分の荷物も結構持ち込んでいたようだ。
来週末にはぼくもミュンヘンへと移る。 文化の中枢、華やかなりしミュンヘンへ。

ここにいるのはオーベルトさんのレポートに感銘を受けて集まった人達ばかりだ。
その求心力であるオーベルトさんが不在となれば、散会して行くのは仕方のないことだが、
夢から覚めたように止める者、留まる者、ぼくと同じくミュンヘンへ移ろうと言う人もやはり多い。

当のオーベルトさんからは先日、博士論文の件で教授連ともめてるって笑いとばした手紙がきた。
ぼくらを相手にしてる暇はもうなさそうだけど、資料も情報も材料だってココとは圧倒的に違うはずだ。

あらかた私物の整理はついて、例の窓ガラスは今度はその辺の板きれで塞いでおいた。
本の割合は思ったよりは少なくて、エドワードさん自身が書いた図面とか、計算式だかメモだかわかんない資料の方が多かった。 おかげで。処分を判断できずに、エドワードさんのものらしい書籍やファイルは木箱につめて元の場所へ積みなおす。

昼を過ぎてもエドワードさんは一向に姿をみせない。


「エドワードさんも、移動組でしたよね?」
「いや、おやじさんがミュンヘンにいるって聞いたぞ」
「ああ、じゃあ帰るって事……なのかな?」

だけど、ぼくは知っている。 彼が本当に帰りたいのは、そんな所ではない事を。



「エドワードの奴、最近様子が変じゃないか?」
「エドワードさんは、いつも変ですよ」
「ああ、まぁ、答えが先に出ちゃうタイプなんだよな、始末が悪いのはそこに至る過程を説明するのが下手って事で
端から見てると、ナントカと天才は紙一重ってのを痛感させられるよな」

……天才…ねぇ
最初はぼくもそう思ったけどさ、彼が努力の人だって事をぼくは知っている。
まるで何かに焦り立てられるように研究にのめりこむ。
必死さとか、切実さとか、そういう意味では仲間内の誰よりも真剣に研究にとりくんでいた。
それを天から与えられた才能なんてお気軽なモノに置き換えてしまうのは実に失礼なんじゃないだろうか。
でも、だからこそ、時々、しんどそうに見える。
まるで、欠けた何かを埋め合わせるように、追い求めてる何かがあるような、
知識を得る事自体に貪欲なわけでもない、ロケット開発だって、彼にとっては手段でしかない。
最近は、方法はこれしかないのだと思い込もうとしてるみたいだった。


はじめから、とりつくろった笑顔が大嫌いでしたよ。エドワードさん。




・◆・◆・◆――――――――――――


仲間うちでその名前が出た時、オレはもっと警戒すべきだったのかもしれない。
愚かな事に、正直、どんなに抑えつけようとも、覚悟よりも期待の方が大きかったのは否定できない。
幸いにも前情報を与えられていたにもかかわらず、
差しのべられた手にとまどう自分を、ぎこちない自分を、意識せずにはいられなかった。
もし、出会いがもっと突発的で、オレが自分をとりつくろう事もできずに、
みっともなくあいつに縋りつけていたら、オレ達は違う結末を迎える事ができただろうか――――



・◆・◆・◆――――――――――――


本心を隠したのはどちらが先だった?――――
 


・◆・◆・◆――――――――――――


in ルーマニア 1921

久しぶりに体調をくずして4日研究室に顔を出せない日が続いた。
開発中のエンジンの進捗が気になっているところに、マーテルさんがお見舞いに来てくれた。
かと思ったら、おもむろに図面を取り出してチェックしろと言う。
本当にみんな容赦ない。
それでもみんながぼくを気にかけてくれていて、勝手に作業を進めるのも悪いと思ってくれたのだろうと思うと自然と気力が沸いてくる。
資料を見て一目でわかる。方向性が変更されている事に。
それは確か強度の問題で断念した物件だった。そして、この案はその問題をクリアして、今開発中の物に対して数値上では140%は出力が上がる計算になっている。
マーテルさんの話によれば3日前にやってきた少年が即時に問題点を指摘して代案を出してきたのだと言う。
それからは皆、図面を引いたりと即行動に移ったようだ。 
マーテルさんの目の下に薄っすらとできた隈がソレを物語っていた。 年頃のお嬢さんなのに…

うちのグループには若い人が多かった。何しろ中心人物のオーベルトさんがまだ、20代だから。
畏まって権威だけ振りかざすオジサン教授じゃ、こんなに自由にやらせてもらえなかったんじゃないだろうか。
何より熱気がちがったから、新しい発案はまず行動だった。

幸いにも、ぼくが最初に門を叩いたのがオーベルトさんの所でなかったら
今ぼくがロケット工学にのめり込んで、続けられてたかは疑問である。
自分で言うのも何だけど、家で本ばかり読んでて、世間知らずな自覚はあった。
知識だけが豊富で、休んでても学校の成績は良かった分、自分は井の中の蛙なんじゃないかって危惧はあった。
だから、オーベルトさんの所で認められた時はすごく嬉しかったんだ。
志が同じだったから、元からいたメンバーとは直ぐにうちとけられた。 近所の子供連中とはワケがちがう。
ぼくが一番年下って事もあってか、最初はみんなやさしいだけだったけど、
今、こうやって寝込んでるにもかかわらず、仕事を割り振ってくれるのは対等に認めてくれてるって事なんだろう。

新しく来た人が17才だって聞いても驚かなかった。 何しろぼくがその一つ年下だったし、
オーベルトさんだって11才の時に母親から貰った本、ジュール・ヴェルヌの「月世界旅行」は大好きだったけど、
13才の時には作中で登場する大砲を使うような打ち上げはナンセンスって論破しちゃったくらいだから。
(ちなみにマーテルさんが17才の人を少年といった理由は一目瞭然だった)

添付された資料を見る限り、英語と独語の入り混じった見慣れない筆跡が新しく入った人のモノなんだろう、
英語はクセ文字なのに独語は活字を見本にしたような丁寧な書き方だった。
それも要因の一つだったけど、何より数式の過程が一足飛びで、後から第三者が追って読むには難解だ。
逆にそうとう出来る人と言う印象を与えたこともまた事実である。

優秀な人材がメンバーに加わるのはうれしいハズなのに、
素直に喜べないのは、ぼくの不在中にやってきて、ぼくが出遅れた気になったからかもしれない。



・◆・◆・◆――――――――――――


in ルーマニア 1921

握手を求めて彼の手に触れた瞬間、あぁしまったなと思った。
常にある感覚とは違い、その手には温もりも柔らかさもなく、手袋の下が義手である事が知れた。
その時のひどくぎごちない笑みの、本当の理由を理解するのは、ずっと後になってからだった。

改めて左手を差し出そうとして、やめた。
彼が警戒してる空気が、なんとなく読めたから。

彼はぼく以外の人間には日なたで金の毛並みが映える仔犬のようだったけれど、
ぼくに対してだけは、遠まきに凝視して、決して近寄らせない猫みたいだった。

ぼくは彼に何かしだだろうか?

最初の握手が悪かったのかと、
なんで皆、彼が義手である事を先に教えてくれなかったのかと思ってみたけど
別にそんな事が話題にならないくらい彼が研究者としてすごいって事の表れだとすぐにわかった。

ひきよせられるような意思の強い、金の瞳。
彼の身体的特徴を挙げるならば、むしろそちらの方が印象的だったかもしれない。
此処にくる人は大抵、希望に満ちた目をしていて、それ自体はめずらしい事ではなかったが、
彼の場合、決意の強さが伺えた。


その瞳がついぞ、ぼくを見る事はなく、

ましてや、曇ってしまう時がくるなんて、思いもしなかった。



・◆・◆・◆――――――――――――


周囲からのオレの評価は「天才」なんだそうだ。
オレはそう評されてあえて否定も肯定もしなかった。
驕りではない。
確かにオレは門の中で真理だか何だか知らないが、こちらの情報を得てしまっている。
そう言う意味では紛れも無く自ら獲得したものではなく、与えられたものなんだろう。

皮肉なものだ、
オレが求めたものはいつだって、そんなモノではなかったハズなのに。

だが、コレがアルの元へ帰る道に繋がるなら、いくらでも利用してやるさ。



・◆・◆・◆――――――――――――


in ルーマニア 1921

なぜ、彼に避けられなければならないのか――――

そのくせ、気がつけば、彼がぼくの姿を追っているのには気がついた。
なぜなら、ぼくもその理由を知ろうと目で追ってしまっていたから。

だから、気付いたのはぼくだけだろう。

「あれは嘘だ」

うちとけているように見えるのは、表面上だけで、彼は常に人と距離をおこうとしていた。
彼が見せる笑みの本質は、初対面でぼくに見せたものと同じで無理があった。

それでも彼は、その類稀なる才能と可能性への探求心をもって、グループの中心人物へとなっていく。



・◆・◆・◆――――――――――――


「エドワードさんは ぼくの事がきらいでしょう」

問われた瞬間、ついに来たかと覚悟する。
お互いがお互いを意識している事は承知だった。

直球な物言いに、アルフォンスの真っ直ぐな実直さが伺える。 もはやごまかしきれなかった。 

想定される事態でありながら、何をどう答えたのかは、いっぱい、いっぱいで、覚えていない。
ただ、アルフォンスが最後まで口を挟まず、真摯に聞いてくれた事がありがたかった気がする。



・◆・◆・◆――――――――――――


in ルーマニア 1921

ようやく、エドワードさんがぼくを避けていた理由を話してくれた。
むしろ、ぼくにしてはめずらしく、無理矢理、話させたと言った方が正しい。
慣れない事をして、話を切り出すのに緊張した。

身に覚えのない不当な扱いを甘んじて受ける程お人よしでなかったし、
自分に否があったなら、謝るべきだと思っていた。
共同研究をする以上、変なわだかまりがあるのはお互いやり辛いらいし、
何より、エドワードさんの発案は目を見張るばかりで、忌憚なくやり合いたくてたまらくなったと言うのが本当のところ。

今は会えない弟さんにぼくが似ているのだと語るエドワードさんは、最後までぼくと目線をあわせようとしなかった。
自分としては、その理由自体は呆気にとられる、なんてないものだったけれど、
エドワードさんの当惑してる瞳を垣間見てしまってはそれ以上の事はききだせなかった。

「すまない」と謝られて話が終わる。

沈黙に困って一言、禁句である事は重々承知で率直な感想を述べる。
「自分より、小さいお兄さんってどうだろう」
「………ッ 誰が、図面ケースに入るほどのドチビかーーーーーっつ!」
ほかのメンバーが揶揄した時のように、素で怒ってくれたので、ぼくも「ごめんなさい」と謝った。

「ま、 これでおあいこだな」
肩をおとしてやれやれとなったのは二人同時だった。
ぼくたちの緊張はこの一言で溶けてしまった。



・◆・◆・◆――――――――――――


in ルーマニア 1922

ロケットを開発したいのは、自分がもと居た世界に戻りたいからだと打ち明けられて、
その非現実的な話に、からかわれてるのだと怒ったわけでもない。
あれだけロケット工学に打ち込んで才能を発揮しておきながら、その不純な動機に裏切られた気がしたのでもない。

どこか、取り残されたように、淋しかったのを覚えてる。

資金がつきて研究をやめる人もいる。 別のグループに移る人もいる。
でも、エドワードさんととはずっと一緒に研究を続けられるだろうと思い込んでいた自分に気がついた。




貴方がどれだけ、向こうの世界が――― 弟さんが――― 大事なのかは、知ってるよ。

貴方がぼくを呼ぶ声、 見つめる瞳、 触れるぬくもり、 それらが全てを教えてくれる。


不思議だね、君がこの世界にいないと聞いて、逆に君の存在が増すなんて。


正直に言おう、ぼくは君に嫉妬しているよ。 アルフォンス・エルリック



・◆・◆・◆――――――――――――


in ルーマニア 1922

香ばしいアーモンドとシナモンの香りに誘われたのか、
はたまた、3時のおやつを狙ってきたかのように、エドワードさんはやってきて、
コーヒーを片手にフロレンティーナをついばみながら
「処分」
と、一言、端的に述べ賜いました。
一瞬、研究をやめる気なのかと不安になると、
「あっちに行けば、行ったで、大学の図書館とかあるだろう」
って事も無げ言ってきます。
ああ、そうですね、全部エドワードさんの頭の中に入ってれば良いだけの話ですもんね。
心配した自分がバカでした。
エドワードさんにはとても大事で捨てきれない何かがある。多分、弟さんの事なんだろう。
それに必死で手を伸ばして、他の物は持てないとでも思ってるのか、その他の事には無頓着だ。

いつだったか、エドワードさんがあんまり、サクサク文献を買ってきては放置するので
やっかみと、からかい半分に、その右腕と左足の慰謝料でもふんだっくった金なのかなんて言われても、
「そう言うことに、しておけば」なんて否定せずに返すもんだから、ぼくの方が腹を立てて
言った相手とエドワードさんの両方にコーヒーをぶちまけた事があったけ。

あぁ、あの時の床に着いたシミがまだ残っている。


なんでぼくが怒ったのかわかってるんですか? エドワードさん。



・◆・◆・◆――――――――――――


in ルーマニア 1922

成長するにつれ、体調をくずすことも、寝込むことも、そう無くなった。
ロケットや燃料、エンジンの話で盛り上がり、夜通し熱弁を揮う事もざらである。
ただ、こういった事に使う体力と基礎体力は別物だ。
前を歩く、ヨゼフさんに至っては、言わずもがなだけど、
なんで、義足・義手なのに、本の詰まった木箱をぼくより軽々と担げるかな? 力の、重心のかけ方にコツでもあるの?
本人に言わせれば、コレでも随分と体力は落ちてきているのだそうだ。
無理ができる程の機能性はない不自由な義足・義手に加えて、組み手相手の弟もいないからと。
ついでにエドワードさんは弟に勝てた事がない事を苦笑しながら話してくれけど、
それで、ぼくと弟さんが似てるってどういうコト?













・◆・◆・◆――――――――――――


in ミュンヘン 1922

ミュンヘンへきて1週間。 
先にこちらへ移っている仲間の所へ顔をだしたり、そのツテでジャンク屋や工場を紹介して貰ったり、
夜は夜で、歓迎会と称してビアホールでバカ騒ぎ。
酔いつぶれたエドワードさんの面倒をぼくが見るのは暗黙の了解になっている。
おかげで、ぼく自身はエドワードさんを送るの前提で飲むから、酔いつぶれるまで飲んだのはいつの事だったっけ?
どっちが年上だと思ってんのさ。
まぁ、出逢った頃の警戒心に比べれば甘えられてる方がましだけど。

エドワードさんのお酒の飲み方で性質が悪いと思うのは、つぶれる寸前まで、本当にフツーに飲んでるように見える事。
それ相応に、酔って饒舌になる事もあるけれど、 そんなの、周りの比じゃないしね。
ここ1週間で連チャンで飲んでると、さすがに少し分かってきて、
一人でちびちび、周囲を遠巻きに見ながら飲みだしたら、時すでに遅しだって事。
一人で帰らせるのはまず無理だ。むしろぼくの方が心配で気が気でないよ。
向こうの世界でずっと旅をしていたって言うだけあって、どこででも眠れるみたい。
なんとかその前に止めたいけど、負けず嫌いな上に、エドワードさんの受け答えはしっかりしてるから
本人が「まだ、いけるって」と言えば、周りが次を注いでしまう。

そんな、こんなで、先日、エドワードさんを送っていって、初めてエドワードさんのお父さんにお会いした。
朗らかで、やさしそうな人ではあったけど、 
エドワードさんの普段の言いようから、きっと喰えない人なんだろうとも思った。

今日はぼくも飲みすぎたのか、今までのが貯まっていたのかちょっとエドワードさんを送る余裕がなさそうだ。
めんどくさいので、ぼくの下宿先に泊まってもらおうと思う。
どのみち、ルームシェアリングの相手が見つからなければ、あの部屋はロケット仲間のたまり場か機材置き場になる事は必至だろう。



・◆・◆・◆――――――――――――


この間、もう一人の私達の息子に逢ったよ、 トリシャ。
先ほども、エドワードを自分のところに泊めるからと、わざわざ電話をかけてきてくれた。
君に似て、気遣いがいきとどいて、やさしい青年だったよ。
きっと、エドワードの事も親身になって支えてきてくれたのだろう。 そしてこれからも。
君が私にそうしてくれたように―――――

本人には自覚がないかもしれないけれどエドワードはハイデリヒ君がアルフォンスとは別人だとわかっているよ。
だからこそ苦しいのだろう
そしていつか、彼にだってそれが苦痛になる日が来るかもしれない。

そうなる前に、この世界をあるべき姿に戻すのが私の責任だ。

君が愛してくれたこの体のまま朽ちていくつもりだったけど
この罪深き命に他に使い道があるのなら、
私達の息子達の望みを叶える事ができるのなら、

もう、思い残すことは何もない。



・◆・◆・◆――――――――――――


in ミュンヘン 1922

こういうエドワードさんを前にも見たな。
朝起きて、エドワードさんを送る為に二人でアパートを出たところで家主のグレイシアさんに会った。
ぼくは普通に挨拶をし、グレイシアさんも「おはよう」と返してくれる。
そんな日常の一コマのなかで、エドワードさんだけが、凍りついてしまっていた。
既視感のもとをたどれば、自分と逢った時と同じなのだとすぐにわかった。

「グレイシアさん、こちら僕の友人でエドワードさん、
多分これからちょくちょく来ると思うんで、その時はよろしくお願いします。」
間を不信に思われないよう、フォローをいれる。

「よろしくね、 エドワード君」
自分の名前を呼ばれて、ようやく我に返ったらしい。

「えっ....と、 あの こちらこそ」
しどろもどろで握手にこたえる。
ここで「あなたが美しくて見とれてました。」とか言えないのがエドワードさんだよな。とか思っていたら

「ところで、旦那さんと、お子さんは……」
なんて言い出した! しかも握った手をそのままに、俯きかげんで目をあわせられないって風情で!!

これには僕も言葉を失ったけど、
頭の中では、どうしてこう数式だけでなく行動まで一足飛びなんだとか、
ふつう、彼氏の有無の確認からでしょとか、
たしかに天才肌の人は、姉さん女房を選ぶけどとか、
まさか向こうの世界の恋人に似てるとか言い出さないよねとか、一瞬のうちにぐるぐる考えてたよ。

当のグレイシアさんは、さすが大人な女性だ。
「あらやだ、 まだ独身よ」
って軽くかわしてくれたんだけど、
だけどさ、ちょっと待って、 なんでそこでがっかりするの? わけわかんないよエドワードさん。




・◆・◆・◆――――――――――――


in ミュンヘン 1922

引越しのドタバタも一段落して、本腰を入れて研究に打ち込める環境になったのもあるのだろうけど、
また、エドワードさんに距離を置かれてしまったような気がする。
その姿がまるで研究に逃避しているよう見えて心配になる。
しばしば借りてる工場に泊り込んでもいるようだ。

もともと父親とはあまりうまくいってなかったとか言ってる事もあって
家に帰るのが嫌なら、ぼくのところに泊まればって言ってあげたいけど、
ぼくの部屋よりは、グレイシアさんを避けてるふしがあって言い出せない。

思えば、弟さんがぼくに似てるって事は、
エドワードさんのお父さんから見れば息子に似てるって事なんだよね。
初めて会った時はそこまで考えが及んでなかったし、
お父さんの反応も特に変った事がなかったから気がつかなかったけど
ひょっとして、ぼくの事で何か言われたのかなぁ。

エドワードさんの言う世界を全て信じてるわけでもないのに、
何でもいいから話してくれればいいのにと思うのは傲慢なんだろうか。



・◆・◆・◆――――――――――――


in ミュンヘン 1922.11

なぜ、あの時、オーベルトさんを呼んでしまったのか、悔やまない事もないけれど、
結果はきっと、遅かれ、早かれ同じだったのだろう。




その日はその年初めてミュンヘン市内にも雪が降り積りかなり冷え込んだ。
まだ足跡のない無垢な新雪を踏みしめながら工場への道を行く。
一番乗りと思っていたが、工場の窓から明かりがみえる。

またかと思う。

風雨は凌げるとはいえ、
鉄でできた柱とトタン屋根。隙間風の吹き込む窓に、うちっぱなしのコンクリートの地面。
底冷えする伽藍としたスペース。

最低限必要な、エドワードさんが突っ伏している机だけを照らす明かり。

家に帰りたがらないエドワードさんを操縦する為に
「このご時勢に、一人で残って、石炭のムダ使い」と言ったのを気にしたのだろうか。
ストーブの火はかろうじてついている程度。

「エドワードさん、寝るなら仮眠室行って下さい。風邪ひきますよ。」

「         」

返答がない。 
今日は雪に埋もれて、凍りついた工場のドアを開けるのに、結構な音も立てた気がする。
工場内にいれば、その反響音は尚更だ。

訝しんで寝顔を覗きこむと、
うっすらと顔が紅い。
呼吸が浅い。

額に手を当てるとこの上なく熱かった。


後から思い返せば、自分はかなり動転していたのだろう。
まず、自分の手がかじかんでいたと言う認識はなく、そんな手で触れて正しい判断などできていなかった。
エドワードさんの意識がなかった事も拍車をかけた。
最大の失態は、医者を呼ぶつもりで、オーベルトさんに電話をした事だ。

あわてて駆け寄った電話台。 
取引先やメンバーの連絡先を書いた電話帳が本来あるべきところに姿がなく、
目前の掲示ボードには日焼けした請求書やら、発注書。 もはや不要であろう伝言のメモ紙ばかりが目に付いた。
その中で一際目を引く真新しい白い紙にインクが色濃く発色したメモが、先日指導にきたオーベルトさんの連絡先だった。

どういう思考回路が直結したのか、
(どこかでオーベルトさんが医学部に在籍していた事を記憶していたのだろう)思わず電話をしてしまった。

早朝にもかかわらず、ぼくの慌てっぷりを察してくれたのか、(オーベルトさんが電話に出た時点で我に返ったんだけど…)
お門違いな連絡を受けたオーベルトさんは、医者を手配してくれ、 その後、ご丁寧に見舞いがてらに、ぼくをからかいにきてくれた。

肝心のエドワードさんは、ぼくの動転に見合うくらいは深刻で肺炎の一歩手前。
普段からの疲労の蓄積。
机で毛布一枚もかけないままの転寝。 
義手・義足から通常以上に受ける外気温の変動の影響。
加えて今朝の冷え込み。
これだけの要因がそろってて、むしろ一歩手前で済んだのは、基礎体力があるからだろうと褒められたけど、

なんか違う……



・◆・◆・◆――――――――――――


こう言う時、如実に体力が落ちていると痛感する。
以前はもっと過酷な状況で旅をし、研究をしていたにもかかわらず、
体調を崩したとしても、一晩ぐっすり眠ればアルが呆れるくらいに完全復活できたものだった。
心配症のアルを安心させる為にもう半日ベットに留め置かれる事はあったが、所詮半日だ。
丸一日ともたず、ヒマを持て余して、起きる起きないの押し問答。
「それだけ騒ぐ気力があるなら、もう、起きればいいよ」と言わせたものだった。

アルフォンスの方はと言えば、外した義足・義手を隠してしまうという実力行使にでてしまった。
普段温厚なくせに、怒らすととんでもない行動に出るところまでアルに似る必要はないだろうに…

オーベルトはオーベルトでしゃしゃり出てきたかと思ったら、「当分工場への出入り禁止」とか言って
ベットでヒマなら添削しておいてくれとテメーの論文を置き土産に言いたい事を言って帰って行った。
別に久々に顔を出したオーベルトが資金集めしてる工場でもないので言い分をきく必要はないのだが、
アルフォンスが賛同してしまっている以上、無理に出て行ったところで叩き出されるのは目に見えている。


することもないので、ベットに横たわって、暗澹たる気分でオーベルトの論文をめくる。


アルフォンス達に反抗する気力がないのは、何も体調のせいだけではない。

学位論文用に書いたオーベルトの論文は学術的な要素は確かであったが、
その大胆な可能性の提示に教授連の反発を買ったと言う。
自らの地位を守る為だけに保守性の強い権威者の支持など、
今までの経験上、真実の前では無意味なのは重々承知だが、
実際問題、世間の認識と、スポンサー、研究費の面で苦境に立たされる。

そして、オレにとっての最大の問題は、今だ「大胆な可能性の提示」にすぎないと言う事なのだ。
賢者の石を求めていた頃は、それは伝説級の代物であり、今よりももっと可能性は低かったはずなのに邁進できた。
こちらに飛ばされて、まだ二年も経っていない。
多少の問題は自分が門の中で得た情報でカバーできると思っていた。
アルと共に歩いた4年間に比べれば、まだぜんぜん努力の仕手はあるハズだった。

だが、よしんば、宇宙に出たところでオレの世界に繋がるのかも怪しいのだ。
こうして休息をとってしまえば、余計な事ばかり考えてしまうのは分かっていたから
不安と焦りを覆い隠すかのように、がむしゃらに机に噛り付いた時期もあったが、それとて結局、逃げなのだ。
同時に、届かないのを認めるのも強さだと言うのは負け惜しみだろういう思いもある。
どの選択肢も選べずに閉塞感だけが増して息苦しい。

この、今、外の雪の様に降り積もる倦怠感の理由を認めてしまえば、オレは楽になれるのだろうか。
ここには、自らの体温で降りかかる雪を溶かす事のできない鎧の弟はいないのだ。

オーベルトはこの論文をもう少し一般にわかり易く直して出版する気なのだと言う。
大戦に敗れ、インフレに喘ぎ、圧迫されたこの世界に夢は必要だと。
転んでもただでは起きないその不屈の精神は尊敬に値するが、
10才そこらの子供にムチャな可能性を提示するバカと言う点ではオーベルトは大佐に似ているのかもしれない。

「正直に言おうか、エルリック君。
論文の中では30年も経てば経済的に採算の取れる程に発展すると書いたが、
今回の件で、私は今の世間の認識のままでは、あと30年たっても有人で大気圏外に出るのは難しいと思っている。
だからこそ、今はただの愛好家団体にすぎない君達にでも先を繋いで欲しいと指導するのだ。」

オーベルトはそう言って、論文を手渡し、オレにその片棒を担げと言う。
とんだお笑いぐさだ。
そんなオーベルトでさえ卒業後は故郷に帰って数学教師に甘んじるのだと言って自嘲気味に笑っていたじゃないか。
論文の束を力なく手放すと、縛っていた紐がはずれて雪崩状に広がった。



「オーベルト、 あんたはこの本で夢を振りまくつもりかもしれないが、 オレには絶望の書になったよ。」




・◆・◆・◆――――――――――――


in ミュンヘン 1922.11


様子を見にエドワードさんの家に寄ると、散乱する書類の中でエドワードさんは寝っていた。
おとなしく寝ているワケがないとは思っていたけど、この有様は片付ける気力のなさを物語っていた。

顔をのぞきこむと、すこし蒼白かったが、熱は下がったようだった。

レポート類を拾って、一纏めにしておく。 ストーブに石炭を補充する。

あいかわらず、父親が帰ってきている気配はない。
別にエドワードさんも幼子でもないし、熱を出したからと言って親が必要なわけでもないのだが、心配の要素は増える。
以前から放浪癖があるからこんなものだとエドワードさんが言うのをそのまま受け取ってよいのだろうか。

「アルフォンス いるのか?」
思考を中断したのはエドワードさんの声だった。
自宅で人の気配を察して、それを父親と最初に思わないのもいかがなものか。

「ごめん、起こしました?」
振り返ると、身体を起こさないまま、視線でぼくを探していた。

「具合、どうですか」
「背中痛い、バキバキする。」
「あー 固まりますよね。」
身体を助け起こしながら、改めて熱がない事を確認する。

エドワードさんは腕と肩を徐々に大きく回して慣らしていき、最後に僕の額を軽く小突いた。
「さっさと、義足と義手、返せ」
親身になって世話をして、心配させて、開口一番それですか……?

「帰りには出しときますけど、 いい機会だから、すこし休んだらどうですか」

「レポート、片付けてくれたんだ。 悪リィな」
目線は既にサイドボードの上。 人の話を聞いてるんだか、 いないんだか。 
今更、言って素直に聞くような人でもないので、話題をかえる。

「お腹すいてるでしょ、 りんご、 コンポートと摩り下ろしたのとどっちがいいです?」
「あつあつのアップルパイにアイスクリームのせたやつ」
暴君ですか、貴方は……
「あぁ 食欲がなくて、何も食べたくないと。」
「わー うそうそ、そのまんまでもいいんで、何か食わしてクダサイ」


台所を借りて、りんごを剥く。 
最近はあまり使われてない様子で生活感がまるでない。
ビアホール等での外食ですます事が多い上に、工場への泊まり込み、寝に帰るだけ部屋。
帰るべきホームではなく、ハウス。

この状況で、まるで自分の身体を省みないエドワードさんを一人にしておけるワケがない。

人間、体調を崩せば心細くもなる。 
加えて、今回の自己管理のなさを盾にして、籠絡するなら今しかない。


結局、自分から折れてしまうのかと自分の人の好さに呆れてしまう。


低レベルな反抗として、出来上がったばかりの甘い匂いが香り立つコンポートをエサにして、相部屋話を持ちかけた。



・◆・◆・◆――――――――――――


in ミュンヘン 1922.11

この時、自分がなぜここまでエドワードさんを放っておけなかったのか、なぜ固執しているのか考えてみれば、
あれ程にエドワードさんを追い詰めたりはしなかったのかもしれない。

父と母から、両親亡き後は姉から、惜しみない愛情を注がれて、
それを、今度は自分が受け渡す側にまわる事はごく当たり前の事だと思ってた。



・◆・◆・◆――――――――――――


まったく、弱っている時に重要な決断などするものではない。

オーベルトの依頼を最後にロケット工学からは手を引くつもりだったのに、
なまじ、アルフォンスの所に転がりこんでしまったため、それもままらない状況に陥っている。
なぜこの矛盾に気付かなかったのか。

冷静になって考えれば、オレとアルフォンスの接点などロケット工学だけなのだ。
どんなにアルに似ていようと、無条件で常に共にあり続けられるような関係ではないのに
アルフォンスから離れられないのは、オレの甘え以外のなにものでもない。

アルフォンスの包容力に胡座をかいて、アルフォンスが許してくれるのをいい事に当然のように傍にいて、
二人の足場を構成するものが何であるのか錯覚していた。


前を歩くアルフォンスの持つ荷物は2人分の食料と生活雑貨。
ときどき振り返っては、「そこ凍結してるから気をつけて」と注意をうながす。

屋根に積もった新雪と、路肩に寄せられ解けていく雪だるまの残骸。
新市庁舎とマリエン広場を中心に、所狭しとマーケットがたっている。

不景気ながらも、街はクリスマスとやらのお祭りムード、一色だ。
元はこちら側で信仰されてる神様の生まれた日なのだと言う。


母を錬成し、世界の律を思い知りながら、 今度は弟を錬成した。
あちらの世界の流れに従えないと言うのなら、あの世界から締め出されたのは、理にかなっている。

まさにこちらの世界はオレに相応しい牢獄だ。

この世界から逃げだそうと言うのは、また世界の理を乱すということだ。
あれは再び禁忌を犯す気でいた自分への枷なのだろうか。

神の赦しなどいらない。
償う気などさらさらない。

それでも罰を与えると言うならば、
―――――――――― この世界でお前だけに裁かれればいいよ。 アルフォンス。




・◆・◆・◆――――――――――――


in ミュンヘン 1922.12

あれ以降、エドワードさんは度々調子を崩す。
無論、本人が不調を訴えるわけはなく、周囲に気付かせるわけもなく
一緒に暮らしていなければ、ぼくすらも欺むかれていただろう。

むしろ、それ以前にも、そういった不調を隠していた可能性はある。

おそらく初期段階として視界が眩むのだ。
時々目測を誤まるのを義手・義足のせいにして上手にごまさかれていたのではないか。

今日も今日とて、何ともないと言いはるエドワードさんの抵抗を抑えつけて、ベットに追い立てる。
体格差があるとは言え、ぼくなんかの腕力で押さえこまれてしまうのは、不調な証拠である。
寝かしつけて、のど元に触れると、リンパ線がすこし腫れている。
わざわざ体温計で熱は測らないし、薬も処方しない。
熱を測る時は数値を出してエドワードさんに有無を言わせない時に使う。
精神的なものと分かってるから、休ませるのが一番だと思っていた。

首もとから指を沿わせて額に触れ、前髪を掻き下ろす。
エドワードさんは観念したように瞳を閉じる。

「そう言えば、オレ、アルフォンスの事あまり知らないな」
目をつぶったまま、吐息を吐きだすようにもれるエドワードさんの言葉。

「話せよ、アルフォンスの事、そうすれば、オレもあっちの世界の事、話してやるからさ 等価交換ってヤツだ」
「なんですか 急に」
いぶかしむ自分にエドワードさんは催促する。

「いいから話せよ」

「えーと、 アルフォンス・ハイデリヒ 16歳。 生まれも育ちもドイツです。 
ルーマニアでオーベルトさんの師事を仰いだ後、 今はミュンヘンでエドワードさんと暮らしながら、ロケット開発をしてます。」
「それから?」

「家は中流階級の真ん中よりちょっと上くらいだったかな、
 11歳の時に両親が早逝して、 6つ年上の姉に育てられたよなものです。
 その姉も今年の春、結婚してぼくも肩の荷がおりました。」
「知ってる。 オレも参列したから。 お前に似てやさしそうだった。」

「正直なところ、相手の義理の兄に対しては複雑な心境です。」
「わー シスコンだ」

「ブラコンのエドワードさんに言われる筋合いはないですよ、
 おかげで、ミュンヘンでの悠々自適な暮らしを手に入れたかと思えば、これも等価交換かなと思ってます。」
「おいおい…」

「そう言えば、女手一つで育てられたとか、姉弟二人っきりとか、境遇は似てますね。ぼくたち。」
「そおかぁ?」

「他には…、明日、エドワードさんの体調がもどらなければ、朝食はミルク粥にしようと思ってます。」
「やめてくれ、余計悪化する」
「嘘ですよ、 今日のシチューが残ってますから、それでガマンしてください。」


「今度はエドワードさんの番ですよ。 なんでもいいから話してください。」


「……………」


「…?   エドワードさん。」
眠ってしまったのかと思って視線をむけると、酷く迷った顔をしていた。
初めて顔をあわせた頃に、自分を避ける理由を問いただした時以上に。


「アルフォンス」
絞り出すように僕を呼ぶ声。

「なんですか」


「オレ、 ロケット作りやめても、ココにいていいか……」


―――束の間の瞬巡。 張詰める緊張。 切れた糸。


「相当、重症のようですね。 すこし頭を冷やした方がいいですよ。」

そんな答えでいい筈がないのはわかりきっていたのに、
エドワードさんがどれ程の覚悟でその言葉を口にしていたかもわかっていたのに、
それだけしか言えなくて、
心中では、ぼくは逃げ出すように部屋を出た。



・◆・◆・◆――――――――――――





―――――肝心なところで、甘やかしてくれないのも、アルなんだな。





・◆・◆・◆――――――――――――


in ミュンヘン 1922.12


こんなにも側にいるのに貴方が遠い。――――――――――――――


エドワードさんとずっと一緒にいられる。
エドワードさんが向こうの世界を、弟さんを、諦めてくれる。
エドワードさんがこちらの世界を、ぼくを、認めてくれる。
そして、それが
エドワードさんがロケット開発を断念する事なのだという図式を、ぼくはどれ程に理解していたのだろう。

今まで築いてきたぼく達の関係とはなんだったのか。
自分の中がぐちゃぐちゃで、ひどく卑怯で汚い人間だ。
誰のせいでこんな思いをしなければならないのか。 

どうして、何も知らせずに上手に騙したままでいてくれなかったのか。 嘘をつき通してください。

―――真実の奥の奥。

知りたがったのは自分だ。 人の人生を書物で得る知識のように求めてなかったか?

ある意味これは自分の望んだ結果だ。
いっそ、弟になりきってしまえば、笑ってくれた?

くだらない嫉妬で見せつけて、
ロケット工学抜きで側にいたいと言わせてみせて、弟以上に大事だと選ばせて、満足かい?
ロケット工学だけで繋がっていれば、ぼくは弟ではなく、友人でいられたのではなかったか?
結果、力なく微笑む貴方に、こんなはずじゃなかったのにと思うばかりだ。

一人よがりな愛情を押し付けて、全ては貴方の為になる事だと思ってた。
貴方が望んだかどうかなんて二の次で。


ごめんよ、アルフォンス・エルリック。

ぼくは君から大事なお兄さんを遠ざけたばかりか、 君のお兄さんの意思の強い瞳まで奪ってしまった。


それでもぼくは君のお兄さんを―――――



・◆・◆・◆――――――――――――

there is 頭ん中でわかんなくなっちゃう 今の形を探してんだけど
戸惑いながら揺れ動くみたいに 君との気持ち探ってしまうから
街に広がる幾つものテンション 空をたたいて明日になって

疑いながら信じれる思いが 数えきれないくらいやるせなくなるよね
体にもたれ感じたい鼓動に 顔うずめながら温もりを覚えたい
時に転がるちっぽけな石を あの飢えた川に投げ込んで

少しぐらいは受け止められちゃうくらいの 
スキを見せるんだっていいのにね
何もかもがもう計算高くなって 君の全てさえもうわかんなくなる
あの丘を越えて there is love yeah...

心動かす衝動がいつも 強く優しく後押ししてる

現実みのない欲望と深呼吸して 限界なんかじゃないって瞳閉じて
空と大地の間で求める事に 何かアルって答え探してる

君とだったらどんなやばい宇宙だって 乗り越えていくかてになる
誰も知らないトビラの向こうに 飛び込んでいる夢をみてる
光りの中へ there is love yeah...


there is...    作詞 hitomi 一部割愛  ――――――――――――― それはまだエドワードさんが空を見ていた頃の風景


・◆・◆・◆――――――――――――


in ミュンヘン 1923.1

年明けそうそう、右手首を捻挫した。
単なるぼくの不注意で、誰も悪く無いのに、エドワードさんはひどく責任を感じてるようだった。

ぼくは性格が悪くなったんだと思う。
エドワードさんが責任を感じてるのをいいことに、引きずりまわしてる。
やれ、図面を引いてだの、工場まで工具と本を届けてくれだの、エドワードさんのシチューが食べたいだのわがまま放題。
エドワードさんだって義足・義手なのにね。
いけませんか、少しでもエドワードさんをロケット工学に引き止めていたいと思うのは。

エドワードさんは右から左へと図面をひく。
左ききだから、そうしないと、かすった線で汚してしまうから。
エドワードさんのひく線はきれいだ。芸術といっても良いと思う。
エドワードさんが図面を引いてる姿はもっと綺麗だ。
大きな紙面に精一杯腕をのばして、小さな躯体を駆使して、迷いなく線を引く。
ときどき前に落ちてきた髪を後ろへ振り払うしぐさも好きだった。
腕まくりまでしてたら、そこから見える義手が何だって言うんだって思う。
さすがにね、ちゃんとした設計図をひくときはコンパスを使うけど、ちょっとしたモノだったらフリーハンドで円を書く。
ぼくはね、コンパスでひかれた無機質な線より、エドワードさんが時間を惜しむように画く円の方が大好きだった。

真剣に図面を引いてるエドワードさんを見ながら、ぼくが頬杖をついたままそんな事を話したら、
エドワードさんはテレくさそうだけど、気負いなしに
「そりゃどうも」て笑ってくれたよね。
あの時はそんな、なんてない日常だったのにね。


根をつめすぎてるエドワードさんに少し休めばって気軽に言えてたあの頃が懐かしい。



今はとてもじゃないけど、怖くて言えないんですよ。 エドワードさん。



・◆・◆・◆――――――――――――


散開した鋼の破片の中でうなだれる彼を見た時に無償に腹がったったのを覚えている。
雨が降っている事すら忘れていた。
後に弟の方が言う
「可能性を投げ捨てて、死ぬほうを選ぶなんて そんなマネは絶対に許さない」と。
先が見えなくても、立ち止まってしまう事の危険性は君が一番よく知っているハズだ。

運命に喧嘩を売ってこその君だろう、 なあ鋼の。



・◆・◆・◆――――――――――――


in ミュンヘン 1923.春

春になって、エドワードさんの容態がだいぶ安定してきた。
やはり湿っぽい冬に比べれば、柔らかな陽の光と若草の萌ゆる季節はそれだけで活力になるものだ。
最近はグレイシアさんにヒューズさんを嗾けるのが楽しいらしい。

代わりと言うのもなんだが、今度はぼくの方が微熱が続き、咳がでる。 
これはきっと罰なのだ。
過ちに気付きながら、引き返すことのできない自分への。

雪が溶けても、 罪は解けない。


いつまでエドワードさんをごまかしきれるだろう。



・◆・◆・◆――――――――――――


殊更、自分からロケットの話題をふることはしない。

その必然として、以前より向こうの世界の話をする事が多くなった。

その度に、アルフォンスが苛立ってるのもわかっている。

そうだ、それでいい、 どうか、拒絶してくれ、 
オレからお前を手放すことはできないから、

お前が否定してくれれば、まだあちらの世界を見ていられるから。



  ―――――――――――だから、どうか、受け入れて、楽にしてくれ。



・◆・◆・◆――――――――――――



立って歩け、 前へすすめ、 自分で考えろ。



・◆・◆・◆――――――――――――


in ミュンヘン 1923.10


オーベルトさんの本が出版されて、世間がロケットブームに湧くのと反比例して、
エドワードさんの熱意がさめていくのがわかる。




「それにちょっと、嬉しいんだ。 エドワードさんが女の子に興味を持つなんてね。」

エドワードさんが別の道を見つけて歩きだしてくれるなら、この世界を見てくれるなら、
ちょっと悔しいけれど、それはそれで喜ぶべき事だ。


「あの人は他人に無関心と言うか……なんだか人と深く関わろうとしないんだ。
いつも別の世界の話をしている。」

だけど、ノーアの不安を解きほぐす為に、そう言いながら、言いようのない胸騒ぎがしていた。 
これは、自分達の工場が持てるかもなんて期待じゃない。

なぜ、彼女だったのか、
エドワードさんは彼女の何に興味を持った?
果たして、ノーアはエドワードさんがこちらを受け入れるきっかけとなるだろうか…
彼女の言が確かなら、エドワードさんの求める世界とは.......



・◆・◆・◆――――――――――――


今朝、とうとう吐血した。
何かわだかまりを吐き出したかのように、その赤い鮮血を見て、途端に思考がクリアになる。
あぁ、現実を直視してなかったのは、自分も同じだったようだ。

何をぐだぐだ悩んでいたのだろう。
思考の迷宮は答えされ出ていれば、その過程は愛おしいけれど、さほど難しいものじゃなかったよ。
まるで、エドワードさんの書く、数式のようだね。


ぼくは、ただ、エドワードさんの本当の笑顔を見たかっただけなんだ。


そして、その解を得るための方法をぼくは知っている。





弟さんが、とかは建前で、
ぼくもエドワードさんと研究を続けてたあの頃に縋って、夢を見続けようとしてたんだ。
貴方と、自分と、世界の全てを手にいれようなんて。強欲だね。
貴方を引き止めても、貴方の幸せがここにない事は、もう、わかりきっていたのに、

今まで、ぼくのわがままに付き合わせて、ごめんなさい。


でも、あともう少しだけ、我がままを言うよ。

―――――――――――――ぼくが、ぼくで、ある為に

意地をはらせてもらんうんだ。





ねぇ、だから貴方も夢から醒めるといいね。 エドワードさん。



・◆・◆・◆――――――――――――


もし貴女に出会う事がなかったら、ぼくはきっと何も残せないまま終焉を迎えていただろう。
エドワードさんに貴女が必要だったんじゃない。
ぼくに貴女が必要だったんだ。

ぼくは、貴女のように、エドワードさんの肩に触れただけで、彼の世界を見る事はできなかったけど、
貴女が彼の世界を肯定してくれたおかげで、
今、こうして、ぼくは、ぼくにしか出来ない道を迷いなく選べたから。

彼を信じる為の後押しをしてくれた貴女に、ありがとうを―――――――



・◆・◆・◆――――――――――――


自分が世界から消えるって怖いよね。
どんなに頑張っても、人はアイデンティティーまでは残せない。
だから、何かを残せたって確信が持てて終れるなら、その人生は決して不幸ではないはずだ。

アルに会えたと言った貴方の笑顔。
久々に、 いや、 初めて見たかもしれないね。
それが、貴方があちらに残した生きた証なら、貴方は帰るべきですよ。

思った以上に残された時間は少ない。
ぼくの命が尽きる以前に、貴方達は自力で戻ってしまうかもしれない。

この不安、 この焦燥感。

ほんとうに、よくも気軽に休めばなんて言えてたよね。


今なら貴方の気持ちがわかるよ、 エドワードさん。



・◆・◆・◆――――――――――――


たとえ別世界にいようとも、目の前にいなくても、姿かたちがなくても、命さえ費えていても、
貴方と共に在り続けられる術を―――――――


最後に悔しいけど、誤解されたままなのは嫌だから、きちんと言葉にして伝えるよ

「ぼくは、ぼくだ、確かに…… ここに居る 忘れないで」





・◆・◆・◆――――――――――――





他の誰が忘れても、 オレは覚えている。          お前の声、 お前の温もり、 お前の笑顔。




















メビウス リング クロスロード Reflection へ







 



・◆・◆・◆―――――――――――― ―――――――――



【解説と言う名の言い訳文】

まずはココまで読んでくださって本当にありがとうございます。
本文はハイデリヒ追悼の意を込め 彼の命日にあたる11月8日に初掲載されました。
実はなんとか11月8日に間に合わせる為、まだ完全版ではなかったりします。
でなければ冒頭のイズミ師匠とかアルとか何なんよ状態。
ただ、『メビウスリングクロスロード』としては未完ですが、
ハイデリヒ追悼としては1・2エピソード抜けてる位なので大筋は追えていると思います。

ここの解説も後日修正していこうと言う有様ですが、11月8日に体裁が整ったのはむしろ奇跡です。

以下、自分への戒めの為くだらない事書いてます。
万が一でも本作品に感動したピュアな方は見ないほうが適切かと思われます。激しく蛇足です。


■ とりあえず自分用制作メモ & ツッコミ ■

※劇場版におけるそれぞれの決意又は失意のきっかけが何だったかを捏造したかった。 たぶんコレは書けてると思う。

※あんまりハイデリヒがいい人すぎて、ちょっと貶めてみたかった (好きな子程いぢめたい小学生心理)
 劇場版でのエド個人への尽くしっぷりは何か理由がないといかんでしょう。
 それがエドへの負い目に設定してるのが私のダメ精神構造。 不健全じゃのー

※自分的には王道を行ったつもり。ぶっ倒れネタとか出会いとか。
 心残りは、なんでハイデの方から同居を持ちかけるかな?
 自分的にココの王道は、エドが雨の日にずぶぬれで迷い猫の如くやってきて、
 「行くとこないから、一晩でいいから泊めてくれないか」ってパターンだと思ってる。

※>想定される事態でありながら、何をどう答えたのかは、いっぱい、いっぱいで、覚えていない。
 エド、あんた、ハイデリヒとの初のガチンコ勝負を覚えてないってダメダメじゃんよ。
 こいつ絶対、シャンバラ後は自分に都合のいいハイデリヒしか覚えてないよ。

※エドがハイデを避ける理由説明とロケット開発の理由説明の間に
 二人が仲良くなってくエピソードが構成上必要なんだが、効果的な話が思いつかないので早めに補完したい。
 結構重要だろコレ↑ 

※ホーエンパパの独白はすっごい書きやすかった。 
 やはり行動パターンがお約束なキャラはセリフもチープですむので、無責任パパン万歳。

※日本と違って、ヨーロッパの新学年スタートは9月。
 前年の11月の時点でオーベルトの学位論文の敲き台ができのるのは早すぎかしら?

※当時オーベルト29歳前後。なんで映画は増田で登場せんかったん?
 エドとハイデと増田で三角関係だったら、むしろギャグになったのに

※>帰るべきホームではなく、ハウス。
 ハイデリヒさん、あなたドイツ語圏の人でしょう。 それ英語。

※>新市庁舎とマリエン広場を中心に、所狭しとマーケットがたっている。
 >不景気ながらも、街はクリスマスとやらのお祭りムード、一色だ。
 結局、ミュンヘンのクリスマスマーケットがこの時代には始まっていたのか裏はとれなかった。

※>あれは再び禁忌を犯す気でいた自分への枷なのだろうか。
 エドワードさんアルフォンスを「あれ」呼ばわり。おまけに「枷」 大概ひどい仕打ちですよアナタの主観。

※某シーンはクリスマスに二人でベットでいちゃこらながら進行するハズだった。
 なまじ変更してしまった為に作中二人とも体調くずしてばっかでどうなんよ。

※>年明けそうそう、右手首を捻挫した。
 クリスマス~年明けにかけて、拘束プレイにご執心だったもよう。 だったら、エドが捻挫しなくちゃ?

※増田独白、 そこな雪男は現時点でエラそうに言える立場じゃないじゃんよ。

※>立って歩け、 前へすすめ、 自分で考えろ。
 誰の視点で言わせたものか迷ったが、自分(作者)的エドへのツッコミ。 
 判断をハイデリヒに任せてんじゃねーよ! 罪は自分で背負え!

※総括してハイデリヒ、エスパー並みにエドの事、理解しすぎ。

※自分で書いておきながら、兄よ、最後の言葉をハイデに捧ぐのは、どこまで弟とハイデを同一視する気なのだ 
 「思い出の定着」予告より。




※ハイデリヒのバックボーン(家族構成)、捏造ココに極めり。信じちゃダメ。

自分的ハイデリヒ萌設定

小説アップ寸前まで、生まれはトランシルバニアだとばかり思ってたけど、アブソリュートガイド見直してたら
ドイツ生まれだけど、ルーマニアまで言ってオーベルトの師事仰いで、ドイツ戻っても下宿生活。
ちくしょう、結構金持ちのボンボンかよ。

その品行方正さから、俗に言う、ちゃんとしたお家で愛されて育った子だとは思います。
インドアで内向的だけど、自分が親の愛情に満たされてる分、他人にも気遣いができる。
故にあんまり人と衝突する事も経験してこなかった子供時代。 (よい子気質でみんなにやさしくて、みんなどれも特別じゃない)
そんで、ジュール・ヴェルヌの本なんかでロケットとか宇宙とかに興味持って、広い世界みるようになって、
ロケット開発の仲間とワイワイやったり、激論(衝突)も繰り広げるようになった頃、運命のエドワードさんご登場。
話題を掻っ攫って行く上、自分に対してだけ態度ちがうし、よく知りもしないのにエドの事嫌いになるのはよくないって思ってて、
ピュア・ハイデリヒ、無自覚にも負の感情にとまどっちゃいます。
そんな性格設定のもと、展開されたお話でした。

作中でエドに対するハイデの対応(休みを薦めたり)はごく普通の対応だと思います。
ハイデ自身で責めちゃったけど、別にハイデ悪い事なんもしてない。
ただね、兄が只者じゃなかったのがハイデの不幸。
うまくかわしてきた人間関係の中で、初めて本気で相手の心に触れようって他人がエドじゃ相手が悪い。
特別、固執、執着を意識するだけでもエネルギー使うのに、
あれだけ重い過去背負ってるエドを理解するには、錬金術世界(エドの重し)を半端にしか信じてないハイデリヒ(の常識)には荷が重かったってだけの話。
なんでこんな難儀なの選んだんだよ、ハイデリヒ orz.....

ハイデの不幸のもう一つは、エドが現実世界を認める事とロケット開発を断念する事が同義だった点。
ハイデにだって選択権はあるんだから、「こんな腑抜けたエドワードさんいりません」って言えればよかったんだけどね。(惚れた弱み)
最終的にハイデが妥協して、腑抜ける位なら、ロケット開発以外の道(女の子とか)でもいいやって気になるところまできてたのに、
自分の理想(エドとロケット開発)よりも、活きいいエドを優先させたのに、エドがエドらしくある事だけを望んだのに、
その頃にはもう時間がなかたんだ……… せつねーなー。
ハイデに恋のドキドキ感を味あわせてやるヒマがなかったよ! こんちくしょうめ!




テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック

19 : 23 : 11 | 図書館 | トラックバック(1) | コメント(5) | page top↑
<<■ 更新履歴 | ホーム | ■ メビウス リング クロスロード Reflection>>
コメント
----

開設おめでとうございます!!

えーまず一言。
わたしのテキストサイトやめてもいいですかー? orz
ここで拝読できれば満足なんですけど!!っていうくらいハイデ&エド&アルに萌えでした…ッ!!!

聖部さまの考察のときも常々思っておりましたが、ディテールがすばらしいですね!小説の価値って細部の動きにあると思っており、ずさんな私には欠けているそれがキラキラと輝いている!!!
たとえば、
>左ききだから、そうしないと、かすった線で汚してしまうから。
>エドワードさんのひく線はきれいだ。芸術といっても良いと思う。
このあたりのくだり。はっとしました。
これってエドワードさんの動きをトレース出来ないと出てこないですよ…!
ステキすぎます。

こうなったら、特に心に残ったところの抽出やっちゃってもいいですか?
(ここのほかにもいっぱいあるんですよ)

>二重の円に小さな三角形が三つとそれを囲むように大きな三角形が一つ。
>願いが叶うおまじないなんだそうだ。
エド、やってそう!!これは鎧アル頭を持ち帰るのと同じ感性っつーか。
切ないよ、エド!!

>「オーベルト、 あんたはこの本で夢を振りまくつもりかもしれないが、 オレには絶望の書になったよ。」
これ、胸が痛いです…。ドイツの背景とエドの絶望が端的に表現されてて美しいですね。

ちなみに私のテキスト、勢いで書いて載せたのはいいけどオーベルトは全然教授じゃなかったのに気づいて昨日直したのは内緒です(笑)


>父と母から、両親亡き後は姉から、惜しみない愛情を注がれて、
>それを、今度は自分が受け渡す側にまわる事はごく当たり前の事だと思ってた。

ひたすら、ハイデっぽい!!

>母を錬成し、世界の律を思い知りながら、 今度は弟を錬成した。
>あちらの世界の流れに従えないと言うのなら、あの世界から締め出されたのは、理にかなっている。

エドが本当に思ってそうです。流れに逆らうのが錬金術師、では無いと、イズミに教えられたはずなのに、そこまでわかっててもやってしまい、思い知らされていると思うと、エドを思って胸が痛いです…。

>根をつめすぎてるエドワードさんに少し休めばって気軽に言えてたあの頃が懐かしい。
>今はとてもじゃないけど、怖くて言えないんですよ。 エドワードさん。

>ほんとうに、よくも気軽に休めばなんて言えてたよね。
>今なら貴方の気持ちがわかるよ、 エドワードさん。

このあたりのハイデの心情!!
切り捨てきってない、でも切ない、なんともいえないハイデの気持ちが出てますよね…!

開設おめでとうコメントで長々と申し訳ありません。
最期はこれで締めたいと思います。

>エドワードさんは彼女の何に興味を持った?

これ、ハイデなら当然疑問に思うことです。
でも、書かれると、読んでいる方は、ひやっとします。
この一文だけで、短編一つ書けそうなぐらい、すごいセリフだと思いますよ、これ。

ということで長々と申し訳ありませんでした。ご都合悪ければ削除なり何なりしちまってくださいませ!
そして幣サイトへのリンクもありがとうございます!
今後も楽しみにしておりますので、ゆるゆると、どうぞムリなさらずお続けくださいませね…!
by: さや * 2005/11/08 02:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

聖部様こんにちは!拝読いたしましたよ!
まず、右側のスクロールバーのちっちゃさに期待度MAX!(笑)
そんで感想。
スーゴーイー!!
いやあ、聖部様はお書きになる方だと思っておりました!が、期待以上でございます!

メビウスリングクロスロードとしての完成を心待ちにいたします、私。
あのね、キャラ一人ないしは二人の心理にどーっと浸かって、それを文字に書き起こしたお話もぐーっとクルけど。
その外側の世界とか、別のキャラから見たその事実とか、そういう高い位置の客観的視点を織り交ぜたお話って、複層的で多面的で、クラクラ眩暈がするほど好きなんですよ!
そんでそういうお話は、書ける方にしか書けない。えーっと、大人の方のが、書ける、うん。
それで、そういうお話は、希少。長くなるしね。

それに出会えたのが、すごく嬉しい。
大変だと思いますけれど。ぜひ、読みたいです。交錯する世界と感情。ハイデリヒの想いが紐解かれたように、エドのアルの感情が紐解かれる様子をスローモーションのように見せていただける、のではないかしら、と。

もちろん、二次創作は書き手自身が楽しめることが第一ですから、聖部様ご自身がお書きになりたくて、書けるお時間をお作りになれましたら・・・・・・。

幸せな時間をありがとう!
小品も好きです!シャンバラ後ブラックバージョンとか、実は画面の前で拍手してました私(笑)
これからも楽しみにしています~♪
by: 歌猫 * 2005/11/08 07:15 * URL [ 編集] | page top↑
----

■ To さや様

お祝いの言葉&いろいろお褒めの言葉ありがとうございます。
しかも、なんかすごい時間なんですけど…… ひょっとしてUPして直ぐこられたんじゃないかしら?

>わたしのテキストサイトやめてもいいですかー?
何故にそうなるデスカ。 ダメに決まってるじゃないですか!
うちの性格設定逸脱激しい二人に比べて、
ちゃんと劇場版のあやうい均衡でもってる二人の明るさが書かれてステキなんですから!

>考察のときも常々思っておりましたが、ディテールがすばらしいですね
むしろ、ブログで書いていた事を焼きなおしただけなのです……OTL...
ディテールに関しても、独白形式だから、語り手に見えてる必要最低限なモノだけ書けばいいから、楽ちん!
とか言って、状況描写はとことん逃げまくってる気が… なんで分かりづらい場面もあるんじゃ…

>オーベルトは全然教授じゃなかった
実は私もさや様のブログ記事「いまさらハイデリヒさんの話」 http://blog.drecom.jp/sayaya_hello/archive/1187 がなければ、気付かないままでしたよ。
よく考えたら、ルーマニア時代(1921)ハイデリヒ15歳。劇場版時でも大学生でもないわけで……
所属できるとしたら、「鳥人間コンテスト」のチームだよなぁ……
じゃぁソコにいたオーベルトって?ってのが始まりでした。

>ハイデなら当然疑問に思うことです。~すごいセリフだと思いますよ、これ。
さすが、ハイデ・エド・ノーアでドロドロ計画に賛同されただけあって、反応されますね。
さや様のハイデバトンでの「いままでは男の子に興味持ってたのかよ!(弟限定)」にも大いに笑わせて貰いました。
短編一つ書いちゃって下さいませ☆ (最近おねだりばかりで、ずうずうしくてゴメンナサイ)

それでは、さや様のサイトの本格オープン11月11日(ゾロ目?)を心待ちにしております。 今も入り浸ってますが(笑)




■ To 歌猫様

読んで頂いた上に、コメントまでありがとうございます。

>まず、右側のスクロールバーのちっちゃさに期待度MAX!
こっ、こんなトコロからチェックはいっちゃうんですかーーーーっ なんか就職試験の面接に向かう気分。
こんな長文書いたの大学の卒論以来です。 ムダに長くて歌猫様の貴重なお時間を潰してないと良いのですが。

>別のキャラから見たその事実とか~好きなんですよ!
私も一つの事象を多方面から見た手法って好きなんですよ。なにせ卒論は芥川龍之介の『藪の中』でしたから。
あとは細かい話で外堀を埋めていく感覚とか、
全然違う話がリンクしてくるのとか弱いんです。(『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』 By村上春樹)

そして、そう言う手法を自分が使えてるかは甚だ疑問ですが、
多方面から見た手法ってどうしても、その方面分、似た解説をいれなきゃいけない事もあるワケで……
Yahooの類語辞書検索万歳! ボキャブラリー貧困な己には手放せません。
(本当は辞書(本)のページめくって、他の項目も雑学的に覚えるのがいいんでしょうけどね。)

あとはどの程度書けば伝わって、くどくならずに済むのか匙加減がさっぱりでした。
よく考えたら、私の素敵サイトめぐりはWEB漫画&イラスト中心でテキストサイトさまってあまり読んでなく……
すみません、白状します。 歌猫さまの小説サイトに気付いたの1ヶ月くらい前です。 

完結編につきましては、しばらくネタの引き出しを補充&整理&熟成しようと思ってますので気長にお待ち頂ければ幸いです。



まずは、よそ様のハイデリヒ追悼式典を堪能ですよ! (>_<)/
by: 聖部 翔(管理人) * 2005/11/08 22:36 * URL [ 編集] | page top↑
----

コメント欄が本文みたいに長くなってしまいそうで申し訳ありませぬ…。
お返事ありがとうございました!
イヤーあの日は飲んで終電で帰って、「おっそうだもう8日じゃん♪」ってネットの世界に突入してしまったのでした。そりゃもう興奮して寝られませんでした…!

歌猫さまの連載もそうなんですけど、こういう複数視点のお話、スゴイ好きなんだけど自分では全然書けないので、ホントうらやましいです。同人誌として売れるレベルの文章だなあと思いますです。(その気はないかもしれませんが)
わたしももっと上手に書けるよう精進しよう!

>鳥人間の記事
あれからそんな考察をしてくださったなんて望外の喜びです。しかしブログをつくづく見ると、ホントハイデさまの話ばっかりしてますね私orz

>短編一つ書いちゃって下さいませ☆
正直、か、書きたい!!胸はキュンキュンされています!
しかしこれをやりだすとすごく長くなる予感がする・・・!短編では無理そう…。気長にお待ちいただいたら、もしかしたら、いつの日か…。デス。

最後にまた一つ。
「あぁ、現実を直視してなかったのは、自分も同じだったようだ。」
勝手に自分の小説『風が、吹いた』の「現実見てなかったエド」と対比させてドキドキしてました。ハイデ吐血シーンの心象風景としてとてもしっくりきます。ここ。

ではでは、長文失礼いたしました☆ (追:ハイデ様追悼式典、ステキサイトございましたか?)
by: さや * 2005/11/09 19:20 * URL [ 編集] | page top↑
----


■ To さや様

たびたびお越しくださり、ありがとうございます。 
言い訳文も多少の改訂をしつつ、まだまだハイデ語りが足りないなーとか思ってたり(←本気かよ!)

あー今、『花より男子』見てました。
大人になっても摩り下ろしリンゴばっか食べてると若ハゲになると言われて、
リンゴがたべれなくなっちゃう小栗・ハイデリヒ。 
ちがう、ちがうよ、 私が意図したかったのは、 
りんご=知恵の実=人間の最初の原罪=人は知恵の実を食べてこそ人形から人になったって図式であって、
それをどう、料理(償いなり反抗なり)するのかってニュアンスを入れてたのに、
小栗・ハイデリヒのせいで、額面どおり笑いシーンにしかならなくなっちゃった(爆)


>「現実見てなかったエド」
実はですねぇ、ハイデリヒを貶めた分、今回、こんなんでも、私的にはエドは株をあげさせるつもりだったんですよ。
(所詮は劇場版の103%程度だけど)
一応、ロケット工学に関してはきっぱり諦める決断をしてたり(その次の策は考えてないけど)、
現実世界に対しても、作中のエドなりには答えがでてたんです。
ただ、それが、全ての断罪をハイデリヒに委ねちゃってるのが、劇場エドのヘタレなところ。
エドを生かすも殺すもハイデリヒ次第だったんですよ。 
実はちゃんとハイデリヒ(現実)として受け入れる準備はあったと? 

ただ、今作の二人は「すれ違う想い、隠した本音」が大元なので

ハイデリヒはハイデリヒなりにエドの事を思って行動したので、
だらだらとエドを中途半端な状態に置いてしまった結果な、せつなさ加減が全開なのです。

それでは、さや様の次回作も楽しみに待ってます。

追記:ハイデ様追悼式典で、カサブランカの花に埋まってるハイデリヒにさらに花かけてるエドというかなりツボをついたイラストを描かれた素敵サイトさまがいらっしゃたのですが、一日限定TOPだったのか、どこのサイトさまだがわからなくなってしまいました。 つまりそれくらい、あちこち旅をしたのですよ。
by: 聖部 翔(管理人) * 2005/11/12 00:16 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://c3crossroad.blog32.fc2.com/tb.php/4-af14861e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【月世界旅行】について
月世界旅行月世界旅行ジュール・ヴェルヌの著書で、原題は&quot;&quot;Le Voyage dans la lune&quot;&quot;。本項で詳述する。ハーバート・ジョージ・ウェルズ|H・G・ウェルズの著書で、原題は&quot;&quot;The First Men In the Moon&quot;&quot;。「月世界最初の人間」と訳 ヒーロー大集合!!【2007/03/10 16:44】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。